名刺 作成

印象に残る名刺作成について考える

名刺は、初対面の方と挨拶を交わす際の必需品です。
またその相手と別れても、情報交換の手段として残る「分身」でもありますから、身だしなみと同様に印象が大切です。
自分で作ることもできますし、業者に注文することもできます。
どちらにせよ、相手に好印象を与えることができ、正確に情報を伝えることができる名刺作成が大切です。
では、どのように作成したら印象に残るものができあがるのか、今回は「色」に着目して考えます。
例えば、コーポレートカラーや、自分のイメージカラーを使用するなどが挙げられます。
赤色は熱血系、緑色は癒し系などのイメージを視覚で瞬時に判断できます。
色とは違いますが、似顔絵を入れてインパクトを出している人もいます。
名刺交換の際は、お互いに挨拶を交わしていますから、あまり手元を凝視はしません。
だからこそ、最初のインパクトが大切で、後から見返したくなるような工夫が必要になります。
印象に残る名刺作成は、情報交換の手段という役割の意味がなくなってしまわないよう気をつけて、どう作成したら相手にうまく伝わるかという、会う前から相手を思いやることから考えるといいようです。

Copyright© 名刺 作成 All Rights Reserved.